×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式の招待状を受け取って一番気になるのが「服装」


★結婚式スピーチの便利グッズ情報を見る★




アンケートによると、結婚式の招待状を受け取って一番気になるのが「服装」。間違いや勘違いから周囲を驚かせている人は意外に多いです。初めてのおよばれなら、まずは一着、スタンダードな結婚式の服装を新調しておくと次からは「白」のファーやバッグなどの小物なら問題ありませんので、アクセサリーでアレンジするだけでイメージを変えることができます。靴は、パンプスかストラップ付きサンダルで、つま先の見えないものが好ましく、厚底サンダルは結婚式のマナーにはふさわしくありません。スリットが深すぎるスカートやミュールも、ミュールを履いて、食事中、つい脱いでしまっている方をときどき見かけますが、結婚式にはふさわしくありません。清楚さが大切です。マナー違反ではありませんが、全身“黒”のファッションや派手な編みタイツも好ましくありません。上手な着まわし術を知ることが大切です。披露宴に招待されたら、いつもの自分をワンランクUPさせて新郎新婦を祝福しましょう。


会場が暗い雰囲気になってしまいます

女性ゲストは黒い衣裳の人が多いと、結婚式会場が暗い雰囲気になってしまいます。結婚式のマナーに好ましい範囲で明るい色の衣裳で結婚式に華を添えてあげましょう。また、西洋では食事中、何度も髪をかきあげたり、髪に触れることはマナー違反です。見苦しいので気をつけましょう。夜の二次会パーティでは適度な露出も、派手めのアクセサリーも問題ありません。ただし、真っ青なヒョウ柄のドレスにギラギラゴールドの派手なネックレスなどは花嫁自身のセンスも疑われそうなので結婚式の服装には好ましくありません。ヒョウ柄は避けましょう。せっかくおめかししているのですから、立ったり、歩いたり、座ったり。何気ない動作も、ちょっとした心がけでとってもエレガントになります。身のこなしにも気を配りましょう。女性は常に清楚な印象を意識したアクセサリーなど、上品さを保った結婚式の服装やマナーが大切です。

心をこめてお祝いの気持ちを伝えましょう

結婚式のスピーチを頼まれた場合、大勢の人前で話すことは緊張しますが、心をこめてお祝いの気持ちを伝えましょう。マイクの前に立ったらまず「本日はおめでとうございます」と言って自分の名前を述べ、ふたりのなれそめなど、了解を得た上で品良くスピーチの最初で紹介します。友人ならではのうちわ話はスピーチでは盛り上がりますが、“過去の男女関係”には注意が必要です。花嫁は、まずほめておきましょう。気が強くてしきりたがりの性格の花嫁さんでも、明るくリーダーシップが取れる女性、という風にプラスの表現にほめることが結婚式のスピーチではたいせつです。また、使い慣れない敬語を並べるよりも、自分の言葉で話すほうが好印象の場合もありますが、男性でも自分のことはオレではなく「私(ワタクシ)」を使い、“切れる”“嫌う”“帰る”といった言葉は忌み言葉のひとつですので、スピーチでは避けるのが結婚式のマナーです。

国民年金と厚生年金